カウンセリング

放置は症状が悪化する原因になる|腰痛を改善しましょう

治療を受ける前に知ろう

相談

自律神経失調症は、症状が一人ひとり異なることやその程度にも個人差がある、検査をしても数値などに異常が見られないため、分かりにくい病気でもあります。治すためにはどのような方法があり、そのようなことに気をつければ良いのでしょうか。

もっと読む

脳ドックで発見された腫瘍

男性

髄膜腫は脳ドックで発見されることの多い脳腫瘍です。脳腫瘍のなかでも髄膜腫は脳腫瘍患者の約2割を占める発見率の高い腫瘍です。脳の外から脳を圧迫するので、吐き気や頭痛などの症状があらわれます。治療方法は手術による腫瘍の切除と放射線治療があります。

もっと読む

重度の腰の痛みの知識

病院

腰痛は古くから主に中高年の悩みとして知られていますが、最近では脊柱管狭窄症と呼ばれる疾患が腰痛の背後にある可能性が高いことが指摘されており、腰痛の症状にはより注意が必要です。疾患性の腰痛患者は近年増加傾向にありますが、その理由としては中高年だけでなく20代から30代の比較的若い世代にも患者が増えていることが挙げられます。加齢による軟骨や骨の変化だけでなく、日ごろの姿勢の影響によっても疾患性の腰痛が生じます。運動不足で筋肉が弱り、かがみがちな姿勢が多い現代人は年代を問わず腰痛を抱えやすいと言われています。一方、疾患性の腰痛は早期発見・治療ができれば完治するのが容易という特徴もあり、積極的に医療機関によって情報発信が行われているのも、この疾患が注目されている理由の一つと言えます。以上のように、患者の増加に合わせて疾患性腰痛の認知度も高まりつつあることが、最近この症状への関心が集まっている理由です。

脊柱管狭窄症による疾患性の腰痛は、一般的な痛みとは違って痺れや麻痺が生じることが多いという特徴があります。このような症状が出る原因として、筋肉の衰弱や悪い姿勢の維持によって変形した軟骨・骨格内の神経が圧迫されることで、疾患性の腰の痛みが徐々に出てくるということが挙げられます。痺れは神経性疾患の代表的な症状なので、足腰にこの症状が感じられたら早めに医療機関を受診することが大切です。また、痺れの症状は疾患性の腰の痛みとは別に、脳疾患の前兆として現れることもあるため、脳神経外科を受診することも検討しましょう。このように、疾患性の腰痛は他の病気とも重なる点が多いという特徴があるため、症状が出たら積極的に医師に相談しましょう。

緩和ケアもある

相談

横浜クリニックはがん患者さんの心に寄り添うケアを行なってくれる、がん専門の病院です。がんの治療方法として三大療法があります。手術療法、放射線療法、抗癌剤による化学療法です。緩和ケアもしっかりと行なってくれるので安心してがん治療を受けることができるでしょう。

もっと読む

このエントリーをはてなブックマークに追加