脳ドックで発見された腫瘍|放置は症状が悪化する原因になる|腰痛を改善しましょう
看護師

放置は症状が悪化する原因になる|腰痛を改善しましょう

脳ドックで発見された腫瘍

男性

脳を圧迫する腫瘍

急な頭痛や吐き気、嘔吐で困っていませんか。もしかすると、脳を圧迫する腫瘍が関係しているかもしれません。髄膜腫は、脳腫瘍患者さんの約2割を占める腫瘍です。男女比でみると、女性に多く見られます。近年では脳ドックでの発見率が向上しています。髄膜腫の発生場所は脳の内側ではなく、頭部を保護している頭蓋骨と脳の間に発生して、脳を外側から圧迫します。髄膜腫の特徴のひとつに癌と比較して、成長速度が遅いこと、転移しないことがあります。極まれに急激に大きく成長し、転移するものがありますが、これは「悪性髄膜腫」として区別されています。髄膜腫が成長するにつれ、脳を圧迫する力も増してきます。髄膜腫が発生する場所によって、脳が圧迫される部位が異なるので、圧迫によって引き起こされる症状も変わってきますが、吐き気や嘔吐等の症状は良く見られる症状です。

診断と治療

髄膜腫は石のように固いモノが腫瘍のなかにあるので、CT検査で比較的発見しやすい腫瘍です。腫瘍が小さい時にはMRI検査を行うことで、脳と腫瘍が明確に区別されるので、診断に役立ちます。髄膜腫を発見した時に、症状がでているかどうかで、治療方針が変わってきます。腫瘍が脳を圧迫することで、吐き気や頭痛等の症状がでている場合には、早急に治療が必要になります。症状がでていない場合には、腫瘍を取り除く方法や手術の方法について、納得できるまで主治医と相談して、治療方針を決めることをおすすめします。腫瘍は小さくても、成長すると脳を圧迫する大きさになるので、治療は腫瘍を取り除くことが基本になります。治療の代表的な方法は、手術による腫瘍の切除と放射線を腫瘍にあてる放射線治療です。どちらも一長一短があるので、しっかりと主治医と相談して、治療方針を決めることが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加